2014年02月08日

FDR-AX100についての考察5(妄想)

 という訳で4Kがマイブームです。
もっぱらカメラでですが、肝心の視聴環境はといえば…うーん。まず放送がない。続いてソフトがない。で、記録メディアがない…とないないづくし。
 そういえば似たような状況が10年近く前にありましたっけ。そう、HDV。テレビはまだアナログ放送でエアチェックはVHSが主力。そんな最中に世界初のハイビジョン・ハンディーカムHDR−FX1を導入した訳ですが、同僚のライブを撮影してもブルーレイが普及してないのでSD画質にダウンさせてDVDへ…な有様。
やっとブルーレイで配布できる頃にはHDVは現役引退でAVCHDの時代。結局HDVとは何だったのか…と。
 しかしDVDに落としても画質は他のカメラとは大違い。
まだ未知のハイビジョンで撮れることがとても嬉しかったことを覚えています。
 FDR−AX100導入後もメディアがないのでHDへダウンさせる運用が続きそうですが、YouTubeが4K対応なので、公開に関しては少し楽しみが広がりそうです。
 みなさんはどう楽しみたいですか?
posted by ばらっち at 10:42| Comment(0) | 4K
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: